レクリエーションに関して

サービス付き高齢者向け住宅のレクリエーションは強制参加ではありません

 

色々なレクリエーションが実行されているのも、サービス付き高齢者向け住宅の魅力です。

 

言うまでもなく、レクリエーションの中身やペースも色々ですが、プライベートを重んじながらも、高齢者の皆様が毎日を謳歌し、認知症の防止になるよう、軽く身体を動かしたり、人とコミュニケーションが取れるようなレクリエーションが行われる事が多いです。

 

ですが、特養等とは違って、サービス付き高齢者向け住宅の場合は、絶対にレクリエーションに参加しなくてはならないわけではありません。

 

食事の折の口の運動や嚥下力のための訓練等は、強制参加である場合もありますが、基本的には入居者それぞれに任されています。

 

可能な限りレクリエーションには参加しましょう

とは言え、可能な限りレクリエーションには参加しましょう。
なぜなら、レクリエーションにより判断力や身体能力をキープする事ができますし、身体を動かしたり人とコミュニケーションを取ったりする事で長生きにも繋がると言われているからです。

 

部屋の中で行えるゲームや運動やカラオケ大会や、好き好きに参加できるサークル活動が存在するようなサービス付き高齢者向け住宅もあります。

 

中には、入居者自身が講師になってサークルを発足できるような施設もあるので、リーダーシップを発揮してみるのも良いでしょう。